トレ検® 体力トレーニング検定®

受検者(合格者)メッセージ

岡林 優

徳島県立鳴門渦潮高等学校
スポーツ科学科 2年(2016年3月現在)

岡林 優(女子サッカー部)

私は平成28年3月にトレ検®3級に合格しました。
鳴門渦潮高校にはトレーニングセンターがあり、トレーニングマシーンや測定機器などとても充実した環境が整備されています。2年生からは、スポーツ科学に関する専門的な授業を行われますが、体力トレーニング検定®の学習は、振り返りの学習としても非常に役立ちました。テキストは、図解付きの解説もありとてもわかりやすくいものでした。これまでの授業や、トレ検®での運動やトレーニングに関する理論や実習を通して、正しい運動の方向性やトレーニングの目的意識を持つことで、自分の体の変化に気づきを持つことができ、部活動にもより集中して取り組むことができるようになりました。

神奈川大学

神奈川大学 団体受検 代表
経営学部国際経営学科 3年(2016年2月現在)

渡辺智子

私は3年次の後期にトレ検®3級を受検し合格しました。今まで部活動においてトレーニングを行っていたため、トレーニングに関する知識はある程度身についているつもりでした。しかしいざ勉強してみると知らないことも多く、今回の受験は正しい知識を身に着ける良い機会になりました。正しい知識が身についたことで、ただこなすだけではなく、そのトレーニングの意味なども考えるようになり、日々の練習が新鮮で楽しくなりました。


神奈川大学では、2015年12月に団体受検での検定が行われ、受検者8名全員合格されました。

森田健斗

愛知東邦大学
人間学部人間健康学科 3年(2015年10月現在)

森田健斗

私は2年次後期にトレ検®3級を受検し合格しました。初めての受検で戸惑い、緊張がありましたが、全員合格を目標に掲げ、先生や受検をした仲間とともに頑張ることができました。トレ検®は大学の授業で扱った内容と関連しており、自分の知識、理解を深める良い機会になりました。また、クラブ活動での勉強会や大学施設内でのトレーニング指導、NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)の資格取得に向けての一つのステップとして、非常に良いツールになったと思います。

宮島裕子

愛知東邦大学
人間学部人間健康学科 2年(2015年10月現在)

宮島裕子

1年次の春休み期間にトレ検®3級を受け合格しました。1年次には解剖学や生理学を授業で勉強し、今まで学んだことがトレ検®を通してたくさん出てきて復習になりました。解剖学や生理学の基礎的な内容に加えて、1年次の授業では習っていない実践的な内容もあり、新しく覚えることも多くとても新鮮でした。トレ検®で学習したことが、2年次の授業と関連させて考えることができ、“だからこうなるのか”といった発見をしながらより理解を深めることができました。